読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【出会いと別れ】切なく悲しい恋愛体験談

切なく悲しい恋愛失恋話を集めました

【遊び人だけど好きなの!】ドイツからの金髪留学生

こんにちは、ののです

さて、失恋話が入ってきましたのでシェアしたいと思います

では見ていきましょう!

 

 

 

 55歳 女性 福岡県 Yさん  遊び人のドイツからの留学生

 

 "私がまだニューヨークに住んでいた時、フォトグラファーとして仕事を始めるために、ファッションフォトグラフィーの特別セミナーを受けました。その時に、同じクラスにドイツからの留学生がいて、年齢も近かったのですぐに意気投合しました。
その人はブラッドピッドに似ていて、金髪の長髪で、どこから見ても軽そうな感じの男性でした。
最初、私はその人と友達になりました。共通語は英語です。彼の話す英語はほとんどネイティヴと同じレベルのもので、コミュニケーションをとることには不便を感じませんでした。

その彼はプレイボーイで、毎夜、誰かとデートをしていて、いかにも遊んでいるというような感じでした。友達になって、一緒にクラブに行ったりして、楽しい時間を過ごしている間に、私は彼に惹かれていくことに気づきました。

私はすごい硬派で、遊びで男性と付き合うようなことはしないので、正反対の性格だったのです。だけど、話がとてもあって、一緒にいると本当に楽しいと感じることができたのです。

そして、いつしか、彼からの電話を心待ちにしている自分に気づきました。彼はデートの予定がないときには、気まぐれに私に電話してきて、一緒に食事をしようと言ってきていました。私はその誘いがすごく嬉しかったのです。

ある日、彼がホームパーティーをして、そこに招待されて、手料理をご馳走になったらますます好きになって、私は彼から誘いの電話があると、できるだけ魅力的に見えるようにおしゃれをして彼の気をひくことに専念しました。その甲斐あって、彼も私の存在を認めるようになってきました。

一緒にサークドソレイユのショーを見に行ったり、夜明けまでクラブで話し込んだりしてすごく楽しい時間を一緒に過ごしました。そして、私は自分の気持ちを素直に打ち明けました。彼は女性の扱いには慣れていたので、私のような女は簡単なものでした。

初めて、彼の部屋で一夜を共にして、私は世が明ける頃に彼の部屋を出て、タクシーで自分の部屋に帰って行きました。そういう夜が2〜3回続きました。

そして、ある日、映画に誘われたのです。彼はお財布を忘れたと言って、私が映画の代金を払うことになりました。彼はそういう風に女性にお金を払わせるのが上手だったのです。そして、映画を見た後、一緒にレストランに入ったら、彼は珍しく真面目な顔をして、これ以上、関係を続けるのは良くない、と言いました。

彼が言うには、私は繊細なワイングラスのようなもので、自分のような者が扱ったら、割ってしまいそうで怖いということでした。私は悲しくて涙が溢れてきました。やっといい関係になれたと思ったら、結局振られたわけです。彼は友達として尊敬していると言いました。そして、友達として付き合っていくほうがいいと言いました。私は彼のことが大好きでしたから、遊びでもいいから付き合って欲しいと思っていました。でも、その思いは叶わず、私は振られて泣いて帰ったのです。

 

ののの感想

 

 遊び人って何故か「特有の魅力」があると思いませんか?

笑顔が素敵だったり、優しかったり、気遣いとかね

ドキッとしてしまう時ってあると思うんです

ただそれを一人だけにするのではなく、みんなにしてしまうんですよね

だからチャラいとか軽いって言われるんです

でも遊び人はモテるんですよ、だから夜な夜な遊んだりデートできたりしてるんです

モテなかったらそもそもデートすらできませんよね(笑)

そして真面目な人より、ちょっと遊んでそうな人の方が魅力的に映る人が多いのも事実です

「この人の周りには常に人がいるという事は、それだけ魅力的な人なんだ」

と勘違いしてしまうものなのです

 

Yさんはそのドイツ人にとって大多数の中の女性の一人だったのかもしれません

しかし最後はYさんのことを気遣ってあげています

やっぱりチャラ男は優しいですね!最後はちゃんとうまくやりますね(笑)

財布を忘れるような男ですけどね!

 

遊びならチャラい人でもいいかもしれませんが、真剣にちゃんと付き合うなら断然真面目な人がお勧めですよー!

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます

またお会いしましょう!!